食べる 買う

青森に地酒専門店「参乃助」 青森の地酒に特化、「田酒」「八仙」「豊盃」も

40種類以上の地酒が並ぶ店内と店主の川合陽介さん

40種類以上の地酒が並ぶ店内と店主の川合陽介さん

  • 27

  •  

 地酒専門店「参乃助(さんのすけ)」(青森市新町1、TEL 017-764-0531)が7月1日、オープンした。

コイン式のサーバーが並び、40種以上の日本酒が飲める

[広告]

 青森県の地酒のみ最大48種類を提供する同店。店内にコイン式サーバー8台を設置し、コイン(3枚=1,000円)投入によるセルフ方式で飲み比べが楽しめる。店主の川合陽介さんは「青森にある魅力的な酒蔵をもっと知ってほしい」と話す。

 川合さんは埼玉出身。居酒屋チェーンで働き、東北エリアを担当した。青森には2010(平成22)年から住み始め、2012(平成24)年に「y's company」(新町1)を設立。「海鮮酒房 壱乃助」(安方1)を立ち上げ、2020年1月には「弍乃助」(新町1)、2024年6月に1日1組限定の料理店「yousuke」を開業した。

 「参乃助」は当初、ワインバーという案もあったが、日本酒の飲み比べができる店が青森に少ないことに着目。地元酒販店に協力を仰ぎ、青森の地酒を集めた地酒専門店に決めた。川合さんは「コイン式サーバーは当初6台の設置だったが、東北エリアには7台を並べた店があると聞き、8台にした。東北一を目指したい」と笑顔を見せる。

 店舗面積は25坪。席数は30席。テーブルは日本酒のたるで作った丸カウンターのみ。地酒のほか、生ビール、ミックスナッツ、乾き物などもコイン1枚で提供する。オープン初日は「田酒(でんしゅ)」「八仙(はっせん)」「豊盃(ほうはい)」など46種類の地酒を用意した。

 川合さんは「昼から気軽に立ち飲みができる店。観光客はもちろん地元の人でも知らない地酒はあると思うので、地酒を知る機会になれば」と話す。

 営業時間は11時~17時。月曜定休。

青森経済新聞VOTE

青森経済新聞に期待する記事は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース